選択 モバイル版に入る | PC版を継続
Android開発に助かるApkSchool版主募集中DISCUZ!X3.1 Japanese Version提供
表示: 1801|返信: 0

android開発環境構築(3)

[リンクをコピー]
发表于 2013-4-7 14:23:44 | 显示全部楼层 |阅读模式
webhostingpad
この記事は最後 niuxs より 2013-6-23 11:23 編集された

SDKをインストールする
 SDKとは、Android Software Development Kit ソフトウェア開発キットであること。

   1、ダウンロードURL:http://developer.android.com/sdk/index.htmlをアクセスする、左側の[ダウンロード]をクリックする。
   2、 ダウンロードしたい Platform (Windowsなど)を選択し、「android-sdk_r08-windows.zip」をクリックし、ダウンロードする。
     ※ここでは「SDK Tools, r8」をベースに記載していますが、
     他の Platform や、それより新しいバージョンでは、表記が異なるため、読み替えてください。
   3、 ダウンロードした圧縮ファイルを、任意の場所に展開する。
     ※ここでは「c:\android」ディレクトリを作成し、その下(C:\android\android-sdk-windows)に展開する。
   4、展開したディレクトリ下の「tools」にある「android.bat」を実行する。
    ※拡張子(bat)は、OSや設定によっては、無い(または見えない)場合がある。
   5、 「Android SDK and AVD Manager」が起動したことを確認する。
   6、以下の手順で、「Android Virtual Device」(エミュレーター環境)を作成する。
          開いたウィンドウで、2.2と​​2.3.3のバージョンをチェックする。


       
      [InstallXXpackages]ボタンをクリックする
        
      [Accept All]を選択して、[Install]ボタンをクリックする
        
      エミュレーターを実行する
      作成した AVD (上記の例では「Android2.3」)を選択し、「Start」をクリックする。
         ※環境によって異なるが、エミュレーターの起動には結構な時間がかかる。


   ※トラブルシューティング
    起動後、「Failed to fetch URL https://dl-ssl.google.com/android/repository/repository.xml,
    reason: HTTPS SSL error.You might want to force download through HTTP in the settings.」
    のような画面が表示された場合、https のアクセス、または HTTP プロキシー接続に失敗している。
    その場合には、エラー画面の「Close」をクリック、
    続けて表示される「Choose Packages toInstall」画面で「Cancel」をクリック、
    「Android SDK and AVD Manager」画面の左側のペインにある「Settings」を選択し、
    https プロトコルアクセスを http アクセスとして読み替えるために、
    「Force https://...sources to be fetchedusing http://...」をチェック、
    HTTP プロキシー環境であれば、「HTTP Proxy Server」「HTTP Proxy Port」のエディットボックスも入力する。
               
      
   7、 以下の手順で、Android SDK の Package (特定のバージョンの SDK やドキュメントなど)をインストールする。
      「Android SDK and AVD Manager」画面の左側のペインにある「Available Packages」を選択、
      「Android Repository」にチェック、
      インストールしたいパッケージが選択されていることを選択・確認し、「Install Selected」をクリックする。
      ※Windows の場合、「Android Repository」に加え、
      「Thirds party Add-ons」-「Google Inc. add-ons」-「Google Usb Driverpackage」もインストールが必要です
       
       ※インストールが完了すると、「Done. xxx packagesinstalled.」が表示されるので、「Close」をクリックする
       ※インストール後は、adb や ddms などの各種コマンドラインツールを使用できるように、「platform-tools」と「tools」にパスを
      通してくださいここでの例の場合、「C:\android\android-sdk-windows\platform-tools」と
      「C:\android\android-sdk-windows\tools」

この記事に更なる添付があります

貴方は ログイン 後、ダウンロード・閲覧が可能となる,アカウントない?直ぐ登録

x
返信

道具使用 レポート

返信は先にログインが必要 ログイン | 直ぐ登録

フォーラム点数規則

フリーランス

モバイル版|APK School Net  

GMT+8, 2017-12-12 06:33 , Processed in 0.117852 second(s), 25 queries .

Powered by Discuz! X3.1

© 2001-2013 Comsenz Inc.

快速返信 トップへ リストへ